白内障 
      
水晶体混濁をきたし、視力障害をきたす疾患。
      
水晶体は瞳孔の後ろにあるので、水晶体が強く混濁すれば瞳孔が白くなってくる。

    
~老人性白内障~
      
・加齢現象により水晶体が混濁したもので、一般に50歳以上でみられる。
   
     
<症状> 
       
・水晶体の周辺部から混濁が始まるものが多い。
       
・初期には自覚症状はほとんどない。
       
・眼精疲労、霧視(眼前にベールがかかったように見える状態。)乱視などを来たし、次第に進行し、水晶体の混濁(周辺部より始まり、瞳孔部まで達する)、視力低下がみられる。
       
・目がかすむ。まぶしい(明るいところでみえにくい)。近くも遠くも見にくい。二重、三重にダブって見える。

⇒続きはこちら☆