前立腺がんの腎臓、尿管および膀胱への浸潤の有無がわかる。

7)前立腺がんの病期分類

[A:良性病変との診断で手術を受け、切除された組織に偶然発見されたがん(偶発がん)]

A1:前立腺内にだけ存在する1.O㎝以下の病変で高分化のがん(悪性度の低いがん)

A2:前立腺内にびまん性(1か所にとどまらず、広がった状態)に広がるがん、もしくは中または低分化のがん(悪性度の高いがん)

[B:前立腺内にとどまっているがん]

B1:病変が前立腺の片側にだけに限られている1.5cm以下のがん

B2:前立腺内の1.5cmをこえるがん、またはびまん性や結節性(塊として発育する状態)に広がっているがん

[C:前立腺被膜をこえて広がっているが、転移がみられないがん(前立腺に隣接する精嚢、膀胱頸部へ広がっているがんも含む)]

[D:臨床的に明かな転移巣がみられるがん(前立腺内のがんの大きさは規定されない)]

D1:骨盤内のリンパ節に転移がみられるがん

D2:D1より広い範囲のリンパ節や、骨、肺、肝臓など離れた部位に転移がみられるがん

⇒続きはこちら☆