9)前立腺全摘後の看護

早期合併症として、リンパ節郭清後のリンパ液の貯留と炎症、および縫合不全などが生じる可能性がある。

リンパ液や膿が貯留するときは、これらの排出を促すためのドレナージが行われる。

また、状況により抗生物質を与薬する。老人に多くみられる術後の低栄養状態による縫合不全に対しては、消毒と栄養補給で対処する。

手術で尿道周囲の括約筋(骨盤底筋群)を支配する神経を損傷した場合は、尿失禁と勃起障害がみられる。

また、術後の創の炎症などで尿道狭窄が生じることもある。

☆ 看護のポイント
・ 排尿障害や血尿の程度を観察する。
・ 骨転移による疼痛や病的骨折に注意する。
・ 治療法によっては副作用、合併症があるため注意が必要である。

☆補足☆

●LH-RH剤

男性の精巣は、男性ホルモンであるテストステロンと精子をつくり

出すが、この機能は、下垂体、および視床下部により調整されてい

る。

特に視床下部から下垂体に向けて放出されるLH・RH(黄体形成ホル

モンー産出ホルモン)は、下垂体からのLH(黄体形成ホルモン)の放

出を促進する。

LHは、精巣のセリトリ細胞やライディッヒ(間質〕細胞にテストス

テロンを多くつくり出すように作用し、精子の形成を促進する。