WS000010

●目的

 オストメイト(ストーマ保有者)のストーマのストーマリハビリテーションにあり、単に局所のケアにとどまってはいけない。

●定義

 「ストーマと合併症の障害を克服して自立するだけではなく、ストーマ保有者の心身および社会生活の機能を回復させること。

また、それを促進する技術と方法。」とされている。

1、術前ケア

<術前オリエンテーション>
 ストーマ造設は、ボディイメージと排泄経路、排泄方法が変わり、著しく自己のイメージに影響を与える。

排泄障害という、汚く暗いイメージを与える障害に劣等意識を持つ患者も多いので、ストーマを正しく理解し、受容をしてもらうために、術前オリエンテーションは非常に重要である。

 このオリエンテーションには、必ず患者のキーパーソンや家族に同席してもらい、正しく理解してもらうことが必要である。

また、患者がオリエンテーションの内容を後で再確認できるように、印刷物(指導パンフレット)を提供するようにする。

⇒続きはこちら☆